各種申込一覧

【7月24日・25日開催】++A&T第5弾ワークショップ参加者募集!

++A&T – SCARTS ART & TECHNOLOGY Project – (プラプラット)とは

++A&T – SCARTS ART & TECHNOLOGY Project – (プラプラット)は、アーティストや研究者、SCARTS、そしてワークショップに参加する中学生・高校生と共に、創作する「場」をつくるプロジェクトです。
毎回「テクノロジー」に関わるテーマを設定し、ワークショップとその成果を紹介する展覧会を行っています。

これまでの++A&T – SCARTS ART & TECHNOLOGY Project -について(YouTubeリンク)

++A&T 04 CoSTEP×SCARTS×札幌の高校生たち「バイオの大きさ/未来の物語」【ワークショップ記録】
++A&T 03 谷口暁彦×SCARTS×札幌の中高生たち「バーチャル避難訓練」

++A&T第5弾「キョウドウ体/syn体」のワークショップ参加者を募集!

7月に開催される第5弾では、アーティストのワクボリョウタさんを講師に迎え、「リモート時代の存在感」をキーフレーズに、人間の体の動きをセンシングして遠隔で動くロボットアームを持った身体のようなもの(syn体)を、参加者が共同/協働して動かすワークショップを行います。最終的には、その「syn体」をAR(拡張現実)によって巨大化し、札幌の街に出現させます。
このワークショップへの参加を希望する生徒を現在募集しています!

ワークショップについて

イベント名 ++A&T 05 クワクボリョウタ×SCARTS×札幌の中高生たち
        「キョウドウ体 / syn体」

日時  令和3年7月24日(土)25日(日)各日10時~17時
        ※9月開催のワークショップ成果展にも1日程度参加予定。

会場 札幌市民交流プラザ2階 SCARTSコート

定員 20名

詳細について イベントの詳細についてはチラシ(PDF)
             またはSCARTSウェブページを参照

申込方法 ページ下部の申込ボタンから申込フォームに進んでください。

募集期間 令和3年7月15日(木)まで

※本イベントは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、検温、手指の消毒、マスクの着用の徹底など、適切な対策をとって実施されます。また、感染拡大状況により内容が変更になる場合があります。

講師:クワクボリョウタさんについて

1971年栃木県生まれ、東京都/岐阜県を拠点に活動中。現代美術を学んだ後、1998年に明和電機との共作「ビットマン」を制作し、エレクトロニクスを使用した作品制作活動を開始。デジタルとアナログ、人間と機械、情報の送り手と受け手など、様々な境界線上で生じる事象をクローズアップする作品によって、「デバイス・アート」とも呼ばれる独自のスタイルを生み出した。2003年、第7回文化庁メディア芸術祭アート部門大賞を受賞。札幌では近年、「札幌国際芸術祭2017」(札幌市円山動物園)、2021年「THE ドラえもん展 SAPPORO 2021」(札幌芸術の森美術館)に出品。
http://ryotakuwakubo.com/

【ワークショップ告知】++A&T 05 「キョウドウ体/syn体」(アーティスト:クワクボリョウタ)/++A&T 06(北海道大学 CoSTEPとの連携/アーティスト:大和田俊)(YouTubeリンク)

++A&Tでは、第6弾として、アーティストの大和田俊さん(http://shunowada.com/)を講師に迎え、北海道大学 CoSTEP(https://costep.open-ed.hokudai.ac.jp/)との連携ワークショップを令和3年11月(成果展:令和4年3月)に開催予定です。今年度の++A&T開催予定について

第6弾についても、詳細が決まり次第、このページでワークショップの参加者を募集します。

参加申込みについて

参加を希望される方は、以下のボタンから申込フォームにお進みください。

++A&T 05 申込みはコチラ

※申込みフォームにて入力いただく個人情報につきましては、プログラム担当(札幌市教育委員会 学校教育部 教育推進課高等学校担当)が、プログラム受講者の決定及び連絡に使用いたします。
プログラム受講中につきましても、本人の承諾を得た場合、または法律により要請された場合以外、明示した利用目的以外で個人情報を利用・提供することはありません。