TRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)体験会を対面で実施しました!

昨年は実施できませんでしたが、今年は 11月13日(土)13:00、15名の生徒とスタッフ15名(大通高と開成中等)が集合しました。

 主催するのは、DORI-TRPG研究会。佐々木大輔(ささきだいすけ)先生(開成中等教諭)が司会を務め、ボランティアスタッフが、会の運営、実際のブースでの進行役 (GM:ゲームマスター)やアシスタントプレーヤーを務め、大通高校から2名の先生もお手伝いしてくれました。

 会場は、札幌駅TKPカンファレンスセンター3B室(北7西2)で、100名以上収容できる会場を30名で使用。ソーシャルディスタンスを確保、マスク着用、アクリル板・アルコール消毒液を各テーブルに配置、常時換気、ゲームの時間を大幅に縮小。集合写真を撮るときのみ短時間で一堂に会しましたが、終了もテーブル毎に解散し、感想などは後日オンラインで発表する形にするなど、完璧なコロナ対策を施しました。

TRPGとは

参加プレーヤーが仮想キャラクターを作成し、進行役 (GM:ゲームマスター)が提示する状況に合わせて、キャラクターの役割とルールに従って、テーブルで会話による即興劇を行い、協力しあって最終的にみんなでゴールするというストーリーを作り上げいく、勝ち負けのないゲームです。ゲームに参加しながらコミュニケーション能力の促進が期待されるというものです。

体験会の様子

佐々木先生から全体の流れと諸注意のお知らせ。

TRPGについて知っている人は?という問いかけに対して、多くの参加者が手を挙げましたが、一方で初めての人も数名。

ボランティアの紹介後、記念撮影をしました。

そして5つのブースで行う担当者とゲームの紹介。生徒は自分が希望するゲームを提出。

それから自分のブースが発表され、TRPGが始まりました。

5つのブースにそれぞれ、3名のプレーヤー、GM、アシスタントプレーヤーが配置につきました。

<小さな勇者のRPGウタカゼ>

 

<バディアクションRPGガーデンオーダー>

<1/10スケールクトゥルフ神話TRPG>

<蒸気活劇RPG スチームパンカーズ>

<ソードワールド2.5>

生徒の感想

 ・(ニコニコ顔で)とても楽しかった。来てよかった。もっとしたいことあったんだけど。

 ・(TRPG初めてさん)とても楽しかった。TRPGにはとても興味があった。人数が必要だが、実際には集めることが難しく、今回の企画を知って嬉しかった。グループ全員を作り上げていくのが楽しかった。また機会があればぜひ参加したい。

 ・(TRPGのベテランさん)期待以上に楽しかった。キャラクターを作り上げ、行動し、みんなでワイワイ。今回は市立高の人たちとプレイできて面白かった。

  ※来年は3回程度の開催を予定しています。

関連記事

  1. 第7回SCOP「市立8校、8色大研究」を開催しました!

  2. 清田高校1年生『国際理解基礎』の学びを深める! ~SDGsロ…

  3. 市立高校教員の自主勉強会「SCOP」を開催しました!

  4. 特別支援学校紹介シリーズ 第3回

  5. 第4回さっぽろ絵本グランプリを開催します!

  6. 校長先生に聞きましたシリーズ(第6回)藻岩高校 尾﨑茂樹先生…