2022.3.1(火)より動画掲載(予定)

発表者紹介 写真をクリックすると詳細をご覧いただけます。

開催目的

その1 市立高校等の魅力を、中学生及びその保護者をはじめとした市民に向けて広く発信する

生徒の目線で表現される新たな市立高校等の魅力を、中学生及びその保護者をはじめとした市民に向けて広く発信することで、市立高校等の存在意義についての理解・啓発を図るとともに、より多くの中学生が市立高校等への興味・関心を高め、自らの進路を主体的に探究する契機とする。

その2 市立高校等の魅力を生徒間で共有する機会とする

市立高等学校、市立中等教育学校(後期課程)、市立特別支援学校高等部(以下「市立高校等」という)の生徒が、自己の経験等を基に、在籍する学校の魅力について、生徒目線による新たな市立高校等の魅力を発掘し、発表することで、これらを発表者と他の市立高校等の生徒間で共有する機会とする。

その3 自らの過去-現在-将来について主体的に探究する契機とする

札幌市立高校では、より主体的に学ぶ力を育て、自分自身を発見し、将来の生き方や進路について考えるための進路探究学習(「進路探究セミナー」、「職場体験学習」、「高大連携事業」)に取り組んでいる。「進路探究セミナー」では、各校の代表者が、将来の目標を発表し、意見交流を行っている。今年度実施する本大会は、「市立高等学校進路探究セミナー」との接続を意識し、入学前や入学時の自分(「わたしの夢 生き方の理想」)が、現在の自分にどのようにつながっているか、また、将来にどのようにつなげていくか、自らの過去-現在-将来について主体的に探究する契機とし、さらなる市立高校進路探究学習の充実を図る。

詳細はこちら!

札幌市立高校紹介

市立札幌新川高等学校
札幌市北区新川5条14丁目1番1号
②市立札幌開成中等教育学校(後期課程)
札幌市東区北22条東21丁目1番1号
③市立札幌大通高等学校
札幌市中央区北2条西11丁目
④市立札幌旭丘高等学校
札幌市中央区旭ヶ丘6丁目5番18号
⑤市立札幌平岸高等学校
札幌市豊平区平岸5条18丁目1番2号
⑥市立札幌清田高等学校
札幌市清田区北野3条4丁目6番1号
⑦市立札幌藻岩高等学校
札幌市南区川沿3条2丁目1番1号
⑧市立札幌啓北商業高等学校
札幌市南区石山1条2丁目15番1号

札幌市立高校一覧(札幌市公式ホームページへのリンク)

札幌市立高校・中等教育学校のスクールミッション

札幌市教育委員会では、札幌市立高校各校及び市立札幌開成中等教育学校のスクールミッションを次のとおり作成しました。

全日制 旭丘高校
  • 未来社会を切り拓くための知識や技能、学び方を習得し、それらを自らの生き方や社会に活かす力を育成する学びの場
  • 高く理想を掲げ、豊かな見識や感性、科学的な見方により、他者と協働して社会の発展に貢献できる人材を育成する学びの場
藻岩高校
  • 自己の未来を想い描き、自らの選択と決定による主体的かつ意欲的な学びを実現し、持続可能な社会の実現を目指して行動できる人物を育成する学びの場
  • 地域と連携・協働した探究的な学びや体験を通じて、未知なる状況から課題を発見し、解決する力を磨くとともに、未来に向けた新たな価値を共創することのできる学びの場
清田高校
  • 未来に向かって、自ら考え、自ら学び、寛容な心で世界と協働し、積極的に社会に貢献する人材を育成する学びの場
新川高校
  • フロンティア精神をもって、自分を鍛え磨く生徒を育成する学びの場
  • 小学校、中学校、大学との連携を学習活動と結び付けることにより、社会人基礎力を育成するとともに、生涯にわたる持続的な学びを実現し、地域社会の発展に貢献できる人材を育成する学びの場
平岸高校
  • コース制での学びを通して、義務教育とのつながりを大切にしながら、魅力ある地域の創造や発展に貢献しうる知性と感性豊かな発信力のある人材を育成する学びの場
啓北商業高校
  • 商業高校での「学び」を通して、マネジメント能力を身に付け、多様な社会の中で、自ら新たな価値を創造できる人材を育成する学びの場
  • 学校と地域でつくる学びに主体的・積極的に取り組み、課題を探究しながら仲間と共に歩み成長できる人物を育成する学びの場
  • 札幌の地域資源を活用し、持続可能な地域・社会の発展にビジネスの視点から貢献できる人材を育成する学びの場
開成中等教育学校
  • 6年間の連続した国際バカロレア(IB)の教育プログラムの活用による課題探究的な学習を生かして主体性を育み、国際的な視野で将来の札幌や日本を支え、活躍できる人材を育成する学びの場
定時制 大通高校
  • 生徒一人一人の個性・能力を伸ばし、自らが目標に向かって挑戦することができる学びの場
  • 生徒一人一人の社会的・職業的な自立に向けて、自らが主体的に生き方や将来を探究することができる学びの場
  • 生徒一人一人の社会性を育み、自らが積極的に考えを表現し、他者との豊かな人間関係を構築することができる学びの場

令和4年(2022年)度入学生からBYOD(※1)による1人1台端末の活用が始まります。

札幌市立高校において、学習指導要領の改訂に合わせ、生徒一人一人がICT(※2)を活用して、主体的に学びを深めることができるよう、令和4年度からBYODによる1人1台端末の活用が始まります。
今後の1人1台端末の活用に向けて、令和4年度の新1年生から、学習用端末のご購入をお願いいたします。
詳細は、こちらのチラシをご覧ください。

※1 BYOD:Bring Your Own Device 個人が所有する端末を学校で利用すること
※2 ICT:Information and Communication Technology 情報通信技術

 

札幌市立高校ガイドブック

札幌市立高校全体が共通して取り組む「市高スタンダード」や、各校ごとの特色及び卒業生のことなどを紹介した「札幌市立高校ガイドブック」を作成しました。

 

 

ダウンロード
札幌市立高校ガイドブック(PDF:8.92MB)