『大通高校生徒が中央幼稚園に絵本の寄贈と読み聞かせをしてきました』

7月26日(月)札幌大通高等学校の「総合実践」という科目を受講している生徒が、札幌中央幼稚園の園児たちに絵本の読み聞かせをし、その絵本を寄贈してきました。

※「総合実践「とは、実際の経済社会で役立つ実践的内容の学習を通して、ビジネスに関する総合的な知識と技術の習得を目指す科目。今回寄贈した絵本は、絵本画家の太陽と牛さんが大通高校の「ミツバチプロジェクト」をテーマに作成した絵本「いただきます」です。

昨年度から制作が始まり、2021年7月に完成しました。

早速、大通高校に隣接する札幌中央幼稚園の園児たちに生徒が絵本の読み聞かせを実施しました。

堂々と園児たちの前で読み聞かせをしている姿がとても印象的でした。読み聞かせの後は、園児たちに間近で絵本を見てもらうことができました。

 

指差しで園児たちに質問することで、「これなぁに!」、「これは?」、と園児たちから反応が大きく変わり、興味深く高校生たちに質問していました。

自分たちの問いかけによって他者の反応が大きく変化することを生徒たちは学ぶことができました。

この絵本は様々な仕掛けがあり、一度読んだだけでは全ての仕掛けを解くことはできない読み応え十分の絵本です。

今後、生徒たちはクラウドファンディングを実施して、絵本「いただきます」を世の中に広めていきます。

関連記事

  1. 清田高校「国際理解基礎」市内語学研修 ”English Ca…

  2. 学校間連携プログラム2022年度「さっぽろまなびまくり社」〜…

  3. 校長先生に聞きましたシリーズ(第8回)開成中等教育学校 宮田…

  4. 「ローカルからグローバルを考える」をテーマに、SDGsを学び…

  5. 食育活動をとおした学び【高校生市場流通学習プログラム】に参加…

  6. 市立高校教員の自主勉強会「SCOP」を開催しました!