校長先生に聞きましたシリーズ(第3回)清田高校 黒宮校長先生

新シリーズ第3回、清田高校黒宮裕久校長先生にお話を伺いました。
黒宮校長先生は、清田高校に教諭として9年間勤務し、現在校長として3年目を迎え、活躍されています。
昭和50年(1975年)、「あしリべつ川のせせらぐほとり」に開校された清田高校。卒業生は1万6千人を超えています。
平成17年(2005年)、国際理解教育と英語教育を2本の柱とする「グローバルコース」が誕生し現在に至っています。さらに令和2年度(2020年度)から学年6クラスとなると同時に「単位制」を取り入れることにより、学校全体として、生徒の個性をさらに伸ばし続けています。
清田高校の発展の様子やこれからの展望について伺いました。動画をご覧ください。

取材した8月25日は、グローバルコースの3年生の卒業研究の発表会の日でした。(その様子は市高ニュースに掲載されています。)

関連記事はこちら
 “オールイングリッシュ” 圧巻のプレゼンテーション!! ~清田高校グローバルコース 卒業研究発表会 開催~

 

関連記事

  1. 市高図鑑 札幌大通高等学校2年 黒沼玲亜さん

  2. 校長先生に聞きましたシリーズ第10回 大通高校 池田 吉利先…

  3. 清田高校1年生『国際理解基礎』の学びを深める! ~SDGsロ…

  4. 特別支援学校紹介シリーズ 第2回

  5. 清田高校グローバルコース1年生  中国領事館を訪問 民間交流…

  6. 市立高校プレゼンテーション大会(AWARD)2021発表生徒…